Excelテクニックメモ

Excelに”(ダブルクォーテーション)を文字列として入れる

Excelに”(ダブルクォーテーション)を文字列として入れるには

Excelにダブルクォーテーションを文字列として入れるには1

[“]ダブルクオーテーションや[,]カンマを文字列としてセルに入れたいときの対処法など

関数を挟んだ式の中にダブルクォーテーションなどが入っていると、
そのままでは上手く表示できません。

ダブルクォーテーションなどがはいってると、入ってる部分が消えてしまったり、正しく表示されなかったりします。

これを正しく表示するにはCHARコードという特殊な文字を表示する命令を使います。
以下書き方を書いていきます。

例えばB1セルに「test.jpg」と書かれていて、「test.jpg」の画像部分の名前を部分を参照した画像表示命令文をC1に書きたいとします。

<img src=”B1″ />

こんな命令文を。いわゆるHTMLで画像を表示する命令ですね。
このとき勘違いしていたんですが、C1に書く式は

=「<img src=”」&「B1」&「”/>」

だから

=”<img src=””&B1&””/>”

という感じになるかと思ってました。

ですが、これだとどこまでが「区切ったダブルクォーテーション」で、どこまでは「文字としてのダブルクォーテーション」か、
判定が分からなくなってしまいます。というか上手くいきません。

セルに正しくダブルクォーテーションを表示させるには

セルに正しく表示させるにはまず

  • 表示させる文字列としてのダブルクォーテーション
  • 区切りとしてのダブルクォーテーション


をそれぞれを表計算ソフトに区別させる必要があります。

文字列としてのダブルクォーテーションを認識させるにはCHARコード(キャラクターコード)を使います。
ダブルクォーテーションのキャラクターコードはCHAR(34)です。

まずは冒頭ででたこの式、

=<img src=”B1″/>

このの式に文字列としてのダブルクォーテーション[CHAR(34)]を入れて、区切ってみるとこうなります

=「<img src=」&「CHAR(34)」&「B1」&「CHAR(34)」&「/>

次に、カギカッコをとり、区切りとしてのダブルクォーテーション「”」を入れてみます

=”<img src=“&CHAR(34)&B1&CHAR(34)&”/>

Excelにダブルクォーテーションを文字列として入れるには2

これで、うまく表示できました。あとはズラッと下に引っ張れば、複数行にしても大丈夫です。
(このサンプル文はブログに表示するために全角にしています。)

ただ、正直一番簡単なのは、画像ファイル自体(B1セル)にダブルクォーテーションを入れることです。”test.jpg”のような感じで。

でも、これだと複数ある場合は打ち込むのが面倒くさいですよね。

ちなみに「,」カンマが出したいはCHAR(22)です。
この方法は、Excel2013、calc、GoogleおよびKINGSOFTのスプレッドシートで使えました。

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è