Excelテクニックメモ

IF文を使い○○以上、○○以下を判定する

IF文を使い○○以上、○○以下を判定する

例えばずらっと得点が並んでいて、50点以上の人には「合格」「不合格」と書いたりする事が出来れば
つまり、特定のセルの数字を判断して、そこから分岐した結果をはき出す、という事ができればかなり作成出来る幅が広がります

これにはIF文を使用します。

このような感じで、名前と点数、合否が書かれているとします。

IF文を使い○○以上、○○以下を判定する1

50点以上が合格なので、
上のサンプル文の判定セル(C列)にはこのように書きます。

=IF(B2>=50,”合格”,”不合格”)

式としては見たままですが

B2が50以上の場合というのは

B2>=50

が示しています。その後に続く

,”合格”,”不合格”

は、この式に乗せて解説すると

,”50以上だった場合”,”49以下だった場合”

になります。

これで、c1は自動判定で「合格」と表示されました。

IF文を使い○○以上、○○以下を判定する2

後は、下にドラッグしていけば、他の点数も判定をしてくれます。

IF文を使い○○以上、○○以下を判定する3

また、注意したい点として、結果として「文章を表示」したい場合はその文字を””(ダブルクォーテーション)で囲います。

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è