Excelテクニックメモ

Excel(エクセル)のパスワードの付け方解除の仕方

Excel(エクセル)のパスワードを付ける/解除する/変更するための設定方法

ExcelやOpenOfficeなどで、パスワードを付けてデータ作業を行いたい場合があると思います。
機密性の高いデータや会社のデータなどは特にそうですね。
また、パスワード付けたけどめんどくさい、解除したいけど、外し方忘れた。という時もあると思います

なので、今回はExcelなどでパスワードを付ける方法と外し方をメモしようと思います。

ソフト別のパスワードの付け方

Excel2013

パスワードを入れたいとき→
名前を付けて保存をクリックし、ダイアログが出たときに「保存」の横に「ツール」というボタンがあります。この「ツール」の中のメニューの「全般オプション」をクリックするとパスワードを設定することができます。

パスワードを変更したいとき→
「名前を付けて保存」で同じファイル名を選択、保存ダイアログで同じく「全般オプション」から変更すればOKです。

パスワードを外したいとき→
「名前を付けて保存」から「全般オプション」から*マークを削除して、再度同じファイルで保存すればOKです。

OpenOffice

パスワードを入れたいとき→
ファイルを保存するときに出てくるダイアログの下方に「パスワード付きで保存する」というのがあります。これにチェックを入れて「保存」ボタンをクリックすると、パスワード設定画面が出てきます

パスワードを変更したいとき→
名前を付けて保存で同じファイル名で保存、「パスワード付きで保存する」にチェックが入ってるのを確認して保存をクリックすると、パスワード設定画面になります。

パスワードを外したいとき→
名前を付けて保存で同じファイル名で保存します。そのときに「パスワード付きで保存する」のチェックを外して保存します

KINGSOFTスプレッドシート

パスワードを入れたいとき→
ファイルを保存するときに出てくるダイアログで、[暗号化]をクリックします。
オプションが出てくるので「読み取りパスワード」に任意のパスワードを入れます。

パスワードを変更したいとき→
名前を付けて保存、で同じファイル名で再保存します(上書き保存では無いです)
同じく暗号化をクリックし、任意のパスワードに変更します。

パスワードを外したいとき→
「暗号化」をクリックして*マークを削除すれば解除されます

あと、調べた感じGoogleのスプレッドシートはパスワードはかけられないようです。
元々自分で公開したりしない限りは閲覧はできないので、そういう物かもしれませんね。

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è